地方銀行のカードローンにデメリット!

ATMの挿入口キャッシング契約をする際、真っ先に重要視するのが金利だと考えます。金利が低い程、総返済額を低く抑えることが出来るため、最重要条件になりますが使い勝手の悪いカードローンを選んでしまうと利息以外の部分で無駄が生じます。 キャッシングと言えば、銀行や大手消費者金融が金利も低く、全国規模でサービスを展開しています。そのため、提携金融機関ATMを利用することで24時間365日、そしてどこからでも借り入れ可能なキャッシングローンが多数あります。特に大手消費者金融の場合、コンビニATMを利用出来る上、ネット銀行を活用することで借り入れ時の手数料を抑えることが出来ます。

ですが、銀行カードローンの場合は、都市銀行と地方銀行で使い勝手が大きく変わってしまいます。メガバンクや都市銀行は、日本全国規模で提携金融機関ATMを利用出来るのは一部に限られます。一方、地方銀行の場合は各地域でATMネットワークが使えるものの、出張や旅行などで遠方地に出向く際、提携金融機関ATMが限定されるケースが多くなっています。 結果、利用可能時間帯が限定されてしまったり、ATM利用時の手数料が108円または216円掛かるということになってしまいます。そのため、銀行カードローンを検討する場合は利用可能時間帯や手数料が無料なのかどうかも重要視する必要があります。特にATM利用手数料は、実質的な借り入れコストとなってしまい、利用頻度が増えるほど返済に掛かる負担が増大してしまいます。

例えば、10万円を金利14.8%で借りる場合は1日当たりの利息が約40円となりますが、手数料自体の方が高くなってしまい、2日から4日分の利息に相当してしまいます。また、消費者金融のカードローンを利用した場合、1日当たりの利息が約50円となり、銀行カードローンで利用手数料を払う度に3%以上も低い金利条件で借り入れ出来た意味が無くなります。銀行カードローンの30日間の利息は約1216円、消費者金融の利息は約1480円となり、使い勝手の良さを条件に入れなければ、消費者金融よりも借り入れコストが高い結果になってしまいます。

カードローンを利用して毎月の返済が苦労

借金の服を着た男性カードローンを利用して毎月の返済に苦労しました。浪費癖がなかなか治らないのにカードローンを契約してしまい、毎月の返済時には返済額をどうやりくりして給与から捻出するかという切迫した状況でした。返してはまた借りるということを当たり前のように毎月繰り返しており、あるとき返済の明細を見たときに気づきました。利子だけはらっていて元金が全然減っていないと。

限度額ぎりぎりまで借りているので減らないのは当たり前ですが、毎月返済日になり返済すると利子も最大額払っているのだと分かり、出来るだけ早く返済しようと心に決めました。でもそんなに自分の気持ちは強くなくて、すぐに折れてしまいました。結局いつものように返済日ぎりぎりに返済してはまた借り入れする生活が続いてこれをあと何回、何年するんだろう?完済できるのだろうか?と疑問に思い、また不安にもなってきました。

カードローンを利用するんじゃなかったとも思い始めましたが決断したのは自分の意思。言い訳にもなりませんが、苦しみました。カードローンのコールセンターに電話をして今の状況を伝えると返済シミュレーションをすすめられました。実際にこれから追加の借り入れがないと仮定してこのまま返済をしていけばいつに完済出来るのかというものです。これてひとつの目安として目標は立ちましたがやはりこれからがまだ大変だなと思います。

信用金庫から借入を受け、まとめて返済。

カードと数字過去に数社あったカードローン(年利平均14%ほど)を、 信用金庫の担当さまに相談に乗ってもらい、フリーローンという形で、 150万ほどの融資を受けました。 当然ながら、カードローンの利息よりも大幅に低く(年利3.9%固定) 月々の返済額も2万円から3万円近く減りました。 返済期間も2年ないし3年近く短縮できました。

カードローンの融資枠は30万から100万ほどあり、急なお金が必要なときには、 非常に重宝しますが、何社からも借り入れるというのは、やはり返済がきつくなってきます。 ですので、私の経験上、一社からの借り入れにとどめておき、借入金額も20万程度が妥当かと思います。 そして、お金に余裕ができた際には、リボルビング払いや月々固定の金額で支払っていたものを、 一括で返済することをおすすめします。

それでも、カードローンの借入金が多いから無理、複数の会社からカードローンをしているなどの方は、 迷わず、ダメ元で一度、銀行さんや信金などの金融機関に相談することを強くお勧めします。 メリットとしては、低金利で融資が受けられる。 月々返済金が確実に少なくなり、かつ期間も短縮できる。 それから、複数社のカードローンを借り入れている方は、利息を一社の金融機関にまとめられる。

デメリットとしては、若干小言を言われる場合がある。 借り換えローンなので、融資を受けてもあまりいい顔をされない場合がある。 (真面目に完済すれば、態度が一転し、さらに融資を進めてくる場合もあります) 正直に銀行なのどの公的金融機関に相談すれば、わりと親身になって相談に乗ってくれます。 必要書類が前年度の源泉徴収票の提出だけでいい場合もあります。 そして、連帯保証人に関しても、信用保証協会付きの融資商品もありますので、 連帯保証人がいなくて困る。という方も大丈夫な場合があります。 とにもかくにも、カードローンをまとめて返済したいので、融資をしてほしいと、 銀行などの公的金融機関に相談しても絶対に損はないと思います。 借金は早く返済したに越したことはないですしね。

車検を迎える前に完済するのを目標に

車のローン私のうちは毎回決まって車を購入するときは気まぐれです。毎回ですが、頭金に使うお金はほぼなし。契約時には月5万でボーナスなしで組むとだいたい4年から5年ぐらいの契約期間になります。しかし、車には3年後には車検という決まりごとがあります。車の大きさや走行距離で値段はいろいろだと思いますが、うちでは2ヶ月分から3ヶ月分ぐらいの支払い金額がかかります。車検プラス支払い。それは苦しいといつも思い、車検前に完済を目指して日々奮闘します。

まずはコツコツ。うちは毎日晩酌をします。ビールの質を落とし貯金へ、タバコも吸いますので量を減らして貯金へ。でもこれはかなり微々たるものなので、最大の頑張りはボーナスを使わない生活に突入します。自宅のローンで一人分のボーナスはなくなりますので、もう一人分は貯金へ。もちろん旅行で遠出することはできなくなりますが、早く返済した分の戻りやその後の返済がなくなったお金で旅行に行こう!と家族一丸となってまず返済に力を注ぎます。

ローンの利息を考えると、借りる前に貯めといてから買えばいいのではないかと毎回考えますが、目標をもって返済するのもよいかと思い、このスタイルでいつもやっています。子供が大きくなりお金がかかるようになると思うようにならないかもしれませんが、頑張ってみます。

事前にしっかりシュミレーション

電卓と通帳とコーヒーモビットに借り入れをして完済することが出来ました。4年ほど前に当時ギャンブルにはまってしまい貯金をほとんど使い果たしてしまいました。そして家賃も払えない状況まで追い込まれたので親に恥を忍んで相談するかと思いましたが、思いきってモビットのカードローンを申し込みしました。

思っていたよりずっと簡単で負担なくお金を借りることが出来ました。審査も当日中に結果が出て借り入れ可能と判断されたので助かりました。初めてのカードローン利用だったことと、収入はそれなりにあったので良かったのだと思います。30万円の借り入れ希望額を満額利用しました。そして月に約一万円ずつ返済していき3年と2ヶ月で返済を終えることが出来ました。

返済している間にも何度か借り入れをしていたので完済まで少し遅れましたが、借り入れをした時にシミュレーションをしっかりしていたのが良かったのだと思います。借りるときに完済するイメージをつけて毎月頑張って返済しました。もちろん急な出費で返済した後にまた借り入れをするという時もありましたが、そこはカードローンの良さですぐに借り入れを利用できます。完済てからはもう無駄なお金は使わないようにしていますが、一度経験しておいて良かったと思います。

数社契約して分かったローン会社の選び方

電卓を提示する男性私がカードローン業者を選ぶときに気にする主なポイントは以下の3点です。
・金利
・審査面(審査が通る年収の基準と在籍確認の有無)
・融資までの速度

私は今までに何社かカードローン業者と契約しておりますが、複数社と契約しているからこそ、金利は重要なファクターとなります。また、他社と契約している場合には審査が通らないこともあるため、審査面も重要になってきます。万が一審査に落ちた場合に、身動きが取れなくなってしまう可能性があるためです。

そして上記で対象の会社を絞った後は、融資までの速度をポイントとします。基本的にはこのように考えていますが、例外的に急な融資を必要としている場合には、金利よりも審査面と融資までの速度を優先してきました。しかし、金利の優先度を下げて契約をしてしまった場合には例外なく後悔しました。そのため、後半に契約した業者では急な融資が必要になる場合にも早めに業者を探し、金利の優先度は下げないようにしています。

今まで選ぶ際には考えていませんでしたが、実際に数社契約してみて、返済方法も調べておけばよかったと後悔しています。他社の銀行ATMで返済できる業者や、コンビニATMの中でも使えるものが多いもの、少ないものがあるためです。複数社にそれぞれ返済する際に、1社だけ別のATMを探さなければならない場面に遭遇すると、不便さを実感しています。

繰り返す借金生活

貯金箱とお金と電卓など20代借金生活が始まります。まともなオートローンから、奨学金。歳とともに使う金額が増えていきました。プロミスを使ったきっかけは、今の旦那(当時彼)を助ける為。罪を犯した彼の罰金返済でした。罰金を無視してきた結果捕まってしまい、すぐに借りれる金融機関を利用しました。

カードがあれば頼ってしまいます。使いたくなくてもお金がないと手を出してしまいます。それから、子供が出来て結婚し、旦那が自営業を始めました。運転資金に30万が必要で銀行から借り入れをしました。いつしか、月の返済が10万ほどに膨らみました。ただ、稼ぎはあったので返せていましたが、余裕はつねにありません。車の買い替え時期もきてさらにローンが増えていきます。そんな時、銀行の借り入れ返済を知りました。

今持っている借金を計算し、まとめてお金を借りる。返済出来るものは返済しまとめると利息だけでも楽になりました。物欲は持たず、なんとか残り1年でほとんど完済しますが、2~3年もすればまた車も変える時期が来ます。マイホームや会社を大きくするために資金調達も必要になりそうです。歳をとるほどお金が必要なことは増えますが、しかし歳をとるほど学んでいくこともできます。知識が増えていきます。大事なのは返済計画と返済能力だと思います。

完済するペースを決める

電卓とお金カードローンやキャッシングで借りる前に考えておきたいことがあります。だいたい初めての申し込みの時にはひとつの目安となる50万円の借り入れで考えていきます。50万円というのは決して安い金額ではありません。完済すると考えると月々の返済額、利率等も当然ながら頭に入れながら申し込みを進めていかなければなりません。

数あるカードローン会社の中でもそんなに大差はありませんが、借りる際にどれくらいで完済するかというのを考えたらいいと思います。50万円を1年で完済する予定なのか、2年で完済する予定なのか。またはカードローン会社の利率や返済規約に従って返していくのか。カードローン会社の返済規約というのは借入額や申し込みの際に月々最低いくら返済してくださいというもので月々の返済が数千円のものもあれば数万円のものもあります。

これで完済するとなると一年、二年のペースでは難しいということです。まずは完済するペースを決めることです。次に借り入れの前に考えておきたいことが返済方法です。カードローン会社により専用機械で返済や、コンビニATMでも返済できる方法もあります。また銀行カードローンなら口座から引き落としという方法もあります。

借りる金額によって変わる会社選び

財布からお札を出すカードローン会社を選ぶポイントは、消費者金融系か銀行系か見極めることだと思います。この消費者金融系と銀行系のカードローン会社によって大きく異なる点があるからです。それは総量規制法といって、借り入れが出来る金額が自身の年収の1/3の金額までという法律です。

この総量規制法は消費者金融系のカードローン会社において適用されます。なので消費者金融系のカードローン会社を選ぶ際は、借り入れの上限が年収の1/3までということを、頭に入れて申請や審査を受けなければなりません。反対に銀行系カードローン会社はこの総量規制法の対象外となっています。なので年収の1/3以上の借り入れも出来る可能性があります。

そう聞くと銀行系カードローンの方が良さそうに聞こえますが、実際に利用してみた感想では、カードローン会社のシステムやメリット・デメリットは全て違いますし、総量規制を越える借入額が不要な場合には気にしなくてもいいことです。生活費や教育費が要りようで数十万円ほど借り入れするという話はよくありますし、冠婚葬祭で急な出費の為、数万円を借り入れるということもあります。

それぞれのライフスタイルに合わせて借り入れが気軽に出来るというのがカードローンの良さでもあります。少額であれば、キャンペーンなどで消費者金融系の方が利息が少なくて特になる場合もあります。ただ数百万円単位で借り入れが必要な方にはその総量規制法を頭に入れておいてもいいかと思います。

カードローンを利用して仕事のスキルアップ

パソコンで資料作成これまでクレジットカードやキャッシングと言うものを利用した事がありませんでした。メディアのせいか金融ローンやクレカは不正や詐欺にあいやすいという印象が強かったので利用を控えていました。それでも初めて利用したいと思ったキッカケは社内の人事異動でした。

当時、品質管理の担当をしていましたがひょんな事から広報部への異動が決まりました。それまでExcel、Word、PowerPointを使い積極的にプレゼンや企画をしていたのを買ってもらったからですが、広報部となると更にネットリテラシーやhtmlなど高度なスキルが要求されます。当然、スキルアップの為に業務時間以外でもパソコンを触り勉強する時間を作らなければついていけないと強く感じていました。

これまでは限られた給料から家計のやり繰りをして欲しいものがあれば貯金をして買う、という生活でしたが急な人事異動だった為にハイスペックPCがどうしても必要でした。そこで悩んだ末にセディナカードを作りクレカを初めて利用しました。毎月、決まった4100円が口座から引き落としされる2年4ヶ月の分割払い。貯金しなくても毎月決まった金額を支払うカードローンを利用する事で貴重な勉強時間を先取りして確保する事が出来ました。

よくタイムイズマネーと言いますが本当にそうであり、貴重な時間をローンで先に買う事でよりステップアップし収入アップする為の手助けになりました。今ではPCスキルも上がり詐欺やリスクと向き合いながらカードローンやキャッシングと無理なく上手に付き合い必要な物を揃える様にしています。