どんどん膨らんだ借金を返したときの安堵感

家とお札私は生活費としてカードローンに手をつけました。はじめは給料のたびにその分を返済していたのですが、手軽にキャッシングできることで、ついつい給料よりもたくさんキャッシングすることになって行きました。お買い物するのも我慢することなくキャッシングがあるからお金はどうにかなるしと、いつも足りない分をカードローンでお金を引き出していました。

いつしか給料ではどうにもならず限度額までなってしまいました。その時も他のカードローンでどうにかなるかと安易な考えで返済も滞ってしまっていたのです。それから返済のお手紙、催促、裁判所からの手紙にびっくりして、月々の返済の話をしました。なかなか簡単には返せなくてとても貧乏な思いをしましたが先月、やっと返済がおわりました。

しかし、そんなことをしてしまった私。どこのローンも通らず、クルマや家を建てるためのローンが組めなくなってしまいました。今は頑張ってコツコツと現金を貯めているところです。それしか夢のマイホームを手に入れる方法がなくなってしまったのです。これから、どんなことでもして、あのときのバカな借金で人生が狂わないように、いつか夢のマイホームを建てるために、やり直しているところです。同い年の人はどんどん結婚して家を建てている中、自分がしたことでとても惨めな思いをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)