債務整理を頼んだところヒドい目に・・・

借金を抱える男性のイメージ10年程前ですがその当時400万程の借金をしておりました。消費者金融、銀行系クレジット8社から借金をしており、毎月の利息を払うだけで精一杯の日々を送っておりました。これでは結婚はおろか、今後の人生もままならないと思い一度、過払い金額も含め、弁護士の先生に相談してみようと思い立ちました。法テラスで無料相談所を聞き出し、その場所にいた弁護士の方(30代男性)と現在どういう状況か軽く話し、債務整理をしたい旨を伝えました。数日後、その弁護士の方の事務所に行き、これまでの借金の経緯、各社の借金の過去から現在に至るまでの返済状況などを話し、契約を結ぶ事になりました。

弁護士からは「これからはこちらで各社に和解交渉を始めますので、返済は一旦ストップして下さい。もし各社連絡がきた場合は弁護士に債務整理をお願いしていると伝えればOKです」と言われその場を後にしました。それから二、三ヶ月は返済をしていませんでした。長らく返済地獄に陥っていたのでその期間は天にも昇る喜びだったと思います。

そんな喜びも束の間、自宅に裁判所からの通知書が届いていたのです。どういう事かというと、先の弁護士が借金をしている各社に何ら交渉をせず、ローン会社が私に告訴をしたのです。弁護士に説明を求めてもはぐらかしたり、難しい言葉を並べ立てごまかしてばかりでした。そこで彼の所属する弁護士協会に直訴して、即刻解約、新たに弁護士を紹介してもらいました。勿論、そこまでの弁護士費用は返してもらいましたが、何社かは出来たであろう過払い請求が出来ず、新たに弁護士費用もかかる事からそれまでの借金額と大差ない金額となり、精神的ダメージだけ負った苦い過去があります。

カードローン、キャッシングは返済がとても辛い

お金を見てため息つく女性私はカードローンから50万円。キャッシングから60万円借りていました。旦那さんが3ヶ月間仕事もせず、パチンコばかり行っていて、私も妊娠していたので仕事が出来ず生活が出来なくなってしまい借入をしました。カードローン、キャッシングは金利が意外と高いので返済がとても辛かったです。

月々の返済額はそんなに高くはないのですが、金利18%だったりするのでほとんど半分が金利で取られてしまい、元金が一向に減りません。無駄なお金を結構な額返さなければいけません。元金がなかなか減らないのは辛いです。返しても返しても元金が減らなくて残金を見るのがとても辛かったです。だんだん月々の返済も辛くなって行きました。

いつになったらこの額がなくなってくれるのだろう。一体何年払い続ければいいのだろう。という気持ちになりました。私は何の為に働いているのだろう。という気持ちにまで追い詰められました。かなり精神的にやられました。カードローンやキャッシングがある為に、カーローンなどが通りにくくなり車も買い換えれなかったりしました。借りる時は、すぐにATMで借入ができ、とても便利だなと思ったのですが、すぐに一括で返せない場合はほんとに辛いです。

返済をシンプル化したいならおまとめローン

飛んでいくお金のイメージおまとめローンを活用しようと思ったのは悪質な金貸屋に騙されて250万円ほど借金をかかえてしまったのが理由でした。なぜ、そのような事になったかと言えば勤め先の会社の経営状況が厳しくなり、なんかとしなければと思っていた時に折り込み広告の掲載を見て、飛びつくように借金の申し込みをしてしまったのがきっかけでした。私の担当は経理だったのです。

月々の返済が4社あり、その都度返すのが面倒だったし、ほんの少しでも返済額が減ってくれれば、の思いがありました。とにもかくにもおまとめローンと言えば「東京スター銀行」を思い浮かべ、申し込み手続きをしました。不安材料として、逆に返済額が増えるようなことになったらどうしようという思いはありました。

当時私の給料はそこそこの額だったので、なんとか月々の給料で賄えていたのですが、ひと月に返済が何回もあるのが面倒くさくて仕方がなかったのです。申し込みをして無事審査完了となり、返済期間は5年という設定をしました。結果返済を完了して現在に至りましたが、返済3年目の半ばで、会社をリストラされてからが大変でした。

再就職先は派遣会社に登録しての未経験の製造業。給料は今までの半分程度です。勤めていた会社の退職金と女房の個人年金から貸し付けを得て、なんとか返済することができました。おまとめローンは月一回の返済で済むのがとても楽でしたが、私の場合月々の返済額はほとんど変わりませんでした。借金の返済がひとまとめになるので分かりやすくなる、という点では大変いいと思います。返済の内容をシンプル化したいならぜひ活用してみるといいと思います。

借りて良かった!間に合った引越し費用

グラスを置いたテーブル彼女と2年ほど付き合った頃、同棲したいという話になりました。しかし、私にはほとんど貯金がなくアパートを借りたとしても家具や家電を買うためのお金までは到底準備できそうにありませんでした。でも「ごめん、お金ないんだよね。」なんてかっこ悪いことを彼女にも言いたくないし、かと言ってお金があるわけでもないしと思っていると、ケータイのサイトでレイクの広告が出てきました。

それまでこういった消費者金融はなんかイメージが悪いものでした。しかし、5万円までは180日間無利息というのを見て今の自分の状況を考えると180日間で返せるなら利息もかからないし良いかと思い、自動契約機に入りました。そこから約1時間ほどで結果が出て10万円を借り入れすることが出来ました。

そのお金で次の週末に彼女と買い物に行き、家具や家電を選んで買って上げる事も出来ました。かっこ悪い姿を見せないで良かったとほっと胸をなでおろした瞬間、どうやって返そうとなりました。仕事もけっこう遅くまで働いているのでWワークは出来ないし、土日は彼女と居たいし。そこで私は節約をすることにしました。

私はけっこうなヘビースモーカーで1カ月タバコ代で2万円くらい使っていました。それに毎日お昼は外食かコンビニ弁当だったのでこちらも月2万円くらいかかっていました。しかしタバコをやめるのはかなりきつかったので本数を1/4くらいまで減らしました。昼食は同棲したことが良かったのか、彼女が毎日お弁当を作ってくれるのでその分苦労せずに浮かすことが出来ました。

そうこうして3カ月で10万も返済でき、そのことで今はタバコの本数も減ってなんか一石二鳥で借り入れしてみて良かったのかなと思っています。

軽い気持ちで借りた事が恐怖に変わった時

パチンコを打つ男性私は20歳になったばかりの頃に、ある消費者金融で上限枠50万ほど融資を受けました。その理由はただただ簡単なもので、遊ぶためのお金が欲しいというものでした。最初は軽い気持ちでバイトもしているし返せなくなることはないだろうと思い金欠だったこともあり、飲み代のための1万円をキャッシング専用のATMで借りました。

無事飲み会も終わりこれぐらいに使うなら大したことはないなと思っていました。しかし、ある日友人にパチンコへ行こうと誘われ、金欠ながらもキャッシングがあるから大丈夫と軽い気持ちで友人の誘いに乗りました。それが泥沼の始まりでした。

そのパチンコで私は、上限額が50万円ほどあるのを良いことに散財してしまいました。それから何日かに分け最初に失った金額を取り返そうとキャッシングしてはパチンコに行きまんまと上限額に達してしまいました。その翌月の末日キャッシングの支払日、2万円ほどの支払いがあったのですが、私は少しでも多く返したい気持ちでまたパチンコに行っていしまいました。結果はご想像の通りです。

携帯代などの支払いを済ましてみると私の手元には5千円程度しか残っていませんでした。なんとか金策をしたのですが全く借りられるアテもなく返済期日を過ぎてしまいました。その日から、私の携帯電話には1日数回の消費者金融からの着信がありました。

最初の段階で出ればよかったのですが。手元に返せるお金がないという罪悪感から、私は電話に出ることができませんでした。それから3日ほど着信を無視し続けたのですが、様々な時間帯に何回も着信があり、私は怖くなってしまいました。

結局4日目の滞納日に当時働いていた職場で事情を話し、給料を前借りし、事なきを得ましたが、あんなに電話に怯える事が初めてだったので、軽いトラウマになりました。それ以来は遅れずに返していき、無事完済する事ができました。

目的を見失い借入して人生の一部を失う!

ATMからお金を引き出す最初に借入した金額は50万でしたが、結局その後の消費者金融からの勧誘で限度額を可能な限りあげ続けた結果、最終的には借入金額は180万になっていました。最初は、たった2万円のお金を工面したいだけでした。

仕事もあり、安定した収入があるにもかかわらず2万円が工面できない状況に陥ったのは仕事が原因です。職場内の異動で事務から営業へと配属になり、人へ物を販売するという慣れない仕事からストレスを抱え体調を崩したことが全ての始まりです。貯金もない状況で一人暮らし。毎月の収入でなんとかギリギリの生活を送っていた最中の病院通いでした。入院はしませんでしたが、1年以上の病院通いは確実に財布を直撃し、経済的に苦しくなりました。

それでも、生活を変えることはできませんでした。経済的に苦しいのに、生活を見直すことができなかったことが、給料日前に支払うお金を工面できない状況につながったのです。その時、身内に相談することを考えましたが、一人で生活しているという変なプライドからどうしても頼ることができませんでした。普段から疎遠になっていたこともハードルをあげていたような気がします。

結局迷った結果、消費者金融でお金を借りることを選びました。最初は2万円を借入することを希望して申込みましたが、申し込み時に50万まで借入することができる、と担当者に言われたのです。その時に断っておけばよかったのですが、安易にまた必要になるかもしれないと思い50万で借入契約を結びました。

簡単にATMでお金を引き出せたことから結局、その後もちょっとしたことで借入を繰り返すようになりました。いつか返済するお金という認識も薄かったように思います。毎月最低金額を返済すれば、給与以上のお金がATMから引き出せる。ちょっとした買物も借入、支払も借入、いつの間にか自分のお金と借入金との区別がつかなくなっていました。そんな時、消費者金融の担当者から限度額をあげないか、と勧誘の電話がありました。そして180万で契約をしたのです。その後もちょっとしたことで借入を繰り返した結果、2年後には限度額いっぱいに借入をしていました。そして、その時には追加で借入してくれるところはなく、生活は一気に苦しくなりました。

その時、初めて自分は給与だけでなく借入で生活していることを自覚したのです。毎月25000円ほど返済しても、元金として減るのは7000円ほどです。1年返済しても元金は8万円余りしか減らないのです。何年返済することになるのかを考えはじめた時、とても怖くなりました。例えば、もし仕事を失うようなことがあれば、自分はどうなるのかと考えると答えがでなかったのです。早く返済しなければと思った瞬間でした。

そう思うと、あんなに削れなかった趣味に費やすお金も削れるようになりました。返済するお金を少しでも増やそうと必死でした。結局、完済までには5年かかりました。理由をつけて、1人暮らしは辞め実家に帰ったことも大きかったと思いますが、自分を管理できたことが完済を可能にしたと思います。

2万円工面するために借入をしたことは、後悔してはいません。あの時はそれが、自分で考えられる最高の方法だったと思うからです。けれどその後、目的を見失い安易に借入を繰り返したことは後悔しています。おかげで5年間の自分の人生が失われたのです。

カードローンを延滞しないようにするためには。

財布の中を見ながら電話する男性まず、お金を借りる前に1番やるべき事は何の目的で、何に、いくら必要なのかをきちんと自分自身で把握しておくことです。ここがいい加減であると後々苦労することになるので、本当に必要な金額なのかをしっかりと考えておくべきです。次に、金利の出来るだけ低いものを選ぶように調べておく必要があります。当然お金を借りたら金利に応じてお金を返済しなければなりませんのでしっかりと調べます。

次に調べておく必要があるのが、借入限度額です。大きな金額を借りるのか?そうでないのかで借りる先を検討する必要があります。大きな金額を借りるのなら、限度額の多い大手の銀行カードローンを検討するべきです。さらに、月々の返済額も必ず確認しておく必要があります。

お金を借りたはいいけれどすぐに返すことが出来なくなってしまっては元も子もありません。金融機関や借入額により、月々の返済額が違うので事前に確認しておかないと返せなくて後で困るということになってしまいます。1度でも、延滞してしまうと自分自身の信用情報に傷がついてしまうので将来的にもローンが組めなくなったりするので延滞しないようにしましょう。

ちょっとした気持ちが仇になるかも・・・

パチンコ店3年前にレイクから借りました。最初は30万円でした。用途は急遽引っ越ししなくてはいけなくなって、転居先の敷金が必要だった為です。最初はすぐに返済する予定でしたので、30日間無利息で借りました。その後、半年して5万円まで減らしたのですが、ついパチンコで生活費の10万円をすってしまい、また10万円借りました。

その後はずるずると借りては風俗に行き、パチンコに行きで気づいたら、170万円になってました。月々の返済額は3万7千円です。元金充当額が13647円、利息充当額が10921円、その他充当額が432円です。利率は18%です。このまま指定された金額を入金していくと、最終的に借金が無くなるのは、7年くらいだと自分では計算してます。

軽はずみに借りたことを非常に後悔してます。ただ当時は助かりましたし、楽しい思いもしました。銀行のローンだと審査などに時間がかかってしまうので、スピーディーに融資して頂いたレイクには感謝してます。その枠をどう使うかは自分次第。自分は欲望に負け失敗しましたが、使い方によっては大変便利なものです。

借金も財産のうち、と言う言葉がありますが、今はその借金のおかげで仕事にも身が入ってます。ただし18%という金利は預貯金ではあり得ない高利です。その辺りをよく考えて利用すれば良いものだと思います。自分の場合はキャッシングには向いてない性格なので、完済したら二度と利用するつもりはありません。

毎月の手取り額を把握、返済可能か考えて借入

お札を持ったビジネスマンキャッシングなどでお金を借りる前に、まず大切なことは自分の毎月の手取り額をきちんと把握しておく事が基本です。給料は基本給や能力給、職能給、交通費、時間外手当など色々な項目でわかれています。会社によっては、ほかの呼び方もあると思いますが、だいたいはこのように分類されます。

基本給は、まず昇給がなければ変わりません。逆に基本的には下がることもないでしょう。職能給なども昇給がないと、上がらないですが、下がることもないと考えられます。

考えないといけない項目は、時間外手当です。時間外手当込みで、返済の事を考えて、借入を行うと月によっては返済額まで足りないときがくる可能性があるからです。なので、月によって時間外手当が変わる可能性があると予想して、最低返済額で足りるよう考えなければいけません。いちばんなのは、時間外手当は0と思うことです。0の状態で、必ず返せる手取りなら、返すことができるでしょう。

しかし、急な出費も確かにあるかもしれません。急な出費に備えるために、返済する額は最低返済額で返していくと安全ではないでしょうか。確かに、最低返済額ですと返済期間は長くなってしまいますが、今月余裕があるから返せるといって、たくさん返してしまい、次の月で思わぬ出費が出てしまったとき足りない可能性が出てきます。そういう可能性も考えて、少し手元にお金を残すことも考えておきます。

息子と私の秘密のキャッシング利用

両手でバツを作る男性私には、3人の息子がいます。どの息子も金銭感覚がおかしいのか、3人とも消費者金融会社から借り入れの経験があります。私に見つかりはしますが、しっかり返済しているので上手に利用していると思っています。

息子達も年齢を重ねる内に利用する回数も減り、結婚してからは、キャッシングとは縁が切れてるようです。そんな中でも1番苦労したのは、三男坊の借り入れが発覚した時でした。車を購入するのに、ディーラーのローンを申し込みしたのですが、審査が通らず、息子にどこかから借り入れしてないかと聞いたのですが、してないとの返事。

不思議に思ってみてもローンが組めないなら仕方ないとの言で、私名義でマイカーローンを組んで車を購入しました。勤務先の近くにアパートを借りる事にして不動産屋に行って契約しようとしたら、三男坊だと契約できないと言われ仕方なく私の名義でアパートを借りました。

流石におかしいので、問いただしたところ消費者金融会社から借り入れしてて滞納してると白状しました。三社から合計50万円。滅茶苦茶叱りつけて、今後どうするか相談し、とりあえず1社にまとめようと考えたのですが、三男坊の収入だと、もうどこも無理。私は、主婦だったのですが、サイフは主人が握ってて立て替えるお金もない。

最終手段で、他の息子達にも使った裏技=私が、借り入れする方法を実行。しかし、私にしても50万円も借り入れできず、仕方なく窓口で主人の年収などを伝え50万円の借り入れができました。毎月、しっかり三男坊から返済分+余裕のある時には支払いを追加して1年半で完済しました。勿論、主人に知られる事なく任務完了できました。