繰り返す借金生活

貯金箱とお金と電卓など20代借金生活が始まります。まともなオートローンから、奨学金。歳とともに使う金額が増えていきました。プロミスを使ったきっかけは、今の旦那(当時彼)を助ける為。罪を犯した彼の罰金返済でした。罰金を無視してきた結果捕まってしまい、すぐに借りれる金融機関を利用しました。

カードがあれば頼ってしまいます。使いたくなくてもお金がないと手を出してしまいます。それから、子供が出来て結婚し、旦那が自営業を始めました。運転資金に30万が必要で銀行から借り入れをしました。いつしか、月の返済が10万ほどに膨らみました。ただ、稼ぎはあったので返せていましたが、余裕はつねにありません。車の買い替え時期もきてさらにローンが増えていきます。そんな時、銀行の借り入れ返済を知りました。

今持っている借金を計算し、まとめてお金を借りる。返済出来るものは返済しまとめると利息だけでも楽になりました。物欲は持たず、なんとか残り1年でほとんど完済しますが、2~3年もすればまた車も変える時期が来ます。マイホームや会社を大きくするために資金調達も必要になりそうです。歳をとるほどお金が必要なことは増えますが、しかし歳をとるほど学んでいくこともできます。知識が増えていきます。大事なのは返済計画と返済能力だと思います。

完済するペースを決める

電卓とお金カードローンやキャッシングで借りる前に考えておきたいことがあります。だいたい初めての申し込みの時にはひとつの目安となる50万円の借り入れで考えていきます。50万円というのは決して安い金額ではありません。完済すると考えると月々の返済額、利率等も当然ながら頭に入れながら申し込みを進めていかなければなりません。

数あるカードローン会社の中でもそんなに大差はありませんが、借りる際にどれくらいで完済するかというのを考えたらいいと思います。50万円を1年で完済する予定なのか、2年で完済する予定なのか。またはカードローン会社の利率や返済規約に従って返していくのか。カードローン会社の返済規約というのは借入額や申し込みの際に月々最低いくら返済してくださいというもので月々の返済が数千円のものもあれば数万円のものもあります。

これで完済するとなると一年、二年のペースでは難しいということです。まずは完済するペースを決めることです。次に借り入れの前に考えておきたいことが返済方法です。カードローン会社により専用機械で返済や、コンビニATMでも返済できる方法もあります。また銀行カードローンなら口座から引き落としという方法もあります。

借りる金額によって変わる会社選び

財布からお札を出すカードローン会社を選ぶポイントは、消費者金融系か銀行系か見極めることだと思います。この消費者金融系と銀行系のカードローン会社によって大きく異なる点があるからです。それは総量規制法といって、借り入れが出来る金額が自身の年収の1/3の金額までという法律です。

この総量規制法は消費者金融系のカードローン会社において適用されます。なので消費者金融系のカードローン会社を選ぶ際は、借り入れの上限が年収の1/3までということを、頭に入れて申請や審査を受けなければなりません。反対に銀行系カードローン会社はこの総量規制法の対象外となっています。なので年収の1/3以上の借り入れも出来る可能性があります。

そう聞くと銀行系カードローンの方が良さそうに聞こえますが、実際に利用してみた感想では、カードローン会社のシステムやメリット・デメリットは全て違いますし、総量規制を越える借入額が不要な場合には気にしなくてもいいことです。生活費や教育費が要りようで数十万円ほど借り入れするという話はよくありますし、冠婚葬祭で急な出費の為、数万円を借り入れるということもあります。

それぞれのライフスタイルに合わせて借り入れが気軽に出来るというのがカードローンの良さでもあります。少額であれば、キャンペーンなどで消費者金融系の方が利息が少なくて特になる場合もあります。ただ数百万円単位で借り入れが必要な方にはその総量規制法を頭に入れておいてもいいかと思います。

カードローンを利用して仕事のスキルアップ

パソコンで資料作成これまでクレジットカードやキャッシングと言うものを利用した事がありませんでした。メディアのせいか金融ローンやクレカは不正や詐欺にあいやすいという印象が強かったので利用を控えていました。それでも初めて利用したいと思ったキッカケは社内の人事異動でした。

当時、品質管理の担当をしていましたがひょんな事から広報部への異動が決まりました。それまでExcel、Word、PowerPointを使い積極的にプレゼンや企画をしていたのを買ってもらったからですが、広報部となると更にネットリテラシーやhtmlなど高度なスキルが要求されます。当然、スキルアップの為に業務時間以外でもパソコンを触り勉強する時間を作らなければついていけないと強く感じていました。

これまでは限られた給料から家計のやり繰りをして欲しいものがあれば貯金をして買う、という生活でしたが急な人事異動だった為にハイスペックPCがどうしても必要でした。そこで悩んだ末にセディナカードを作りクレカを初めて利用しました。毎月、決まった4100円が口座から引き落としされる2年4ヶ月の分割払い。貯金しなくても毎月決まった金額を支払うカードローンを利用する事で貴重な勉強時間を先取りして確保する事が出来ました。

よくタイムイズマネーと言いますが本当にそうであり、貴重な時間をローンで先に買う事でよりステップアップし収入アップする為の手助けになりました。今ではPCスキルも上がり詐欺やリスクと向き合いながらカードローンやキャッシングと無理なく上手に付き合い必要な物を揃える様にしています。

キャッシング枠よりカードローン

香典袋と数珠思いがけず冠婚葬祭(特に葬式)が続き、ご祝儀、不祝儀はどうしても現金でなければならなかったので、初めてキャッシングを利用しました。もともと楽天会員で、楽天カードを持っていたのもあり、審査はとても簡単でした。ネットで必要事項を入力して、申し込むと、翌日に在籍確認があり、100万円までの融資枠をいただきました。また、その日にすぐに必要分を振り込みで融資してもらうことができ、本当に助かりました。

楽天マイワンは借りても使わなかった分は手数料無料で、都度コンビニATMから返済ができますし、余裕のある時に一括で返済してしまうことも可能です。そして、消費者金融系のローンに比べてかなり金利が安いです。また、クレジットカードにもキャッシング枠はありますが、返済日(引き落とし日)までの金利がかかるので、カードローンのほうがお得だと感じました。

身内や近しい友人の不幸は残念ながらいつ起こるかわかりません。その時に金銭面で焦らないでいられる、というのはとても大きいように感じました。カードローンにはかなり抵抗がありましたが、こういう使い方なら健全な方ではないかなと感じています。また、いざという時に借りられるというのは心強いです。

カードローン、キャッシングは返済がとても辛い

お金を見てため息つく女性私はカードローンから50万円。キャッシングから60万円借りていました。旦那さんが3ヶ月間仕事もせず、パチンコばかり行っていて、私も妊娠していたので仕事が出来ず生活が出来なくなってしまい借入をしました。カードローン、キャッシングは金利が意外と高いので返済がとても辛かったです。

月々の返済額はそんなに高くはないのですが、金利18%だったりするのでほとんど半分が金利で取られてしまい、元金が一向に減りません。無駄なお金を結構な額返さなければいけません。元金がなかなか減らないのは辛いです。返しても返しても元金が減らなくて残金を見るのがとても辛かったです。だんだん月々の返済も辛くなって行きました。

いつになったらこの額がなくなってくれるのだろう。一体何年払い続ければいいのだろう。という気持ちになりました。私は何の為に働いているのだろう。という気持ちにまで追い詰められました。かなり精神的にやられました。カードローンやキャッシングがある為に、カーローンなどが通りにくくなり車も買い換えれなかったりしました。借りる時は、すぐにATMで借入ができ、とても便利だなと思ったのですが、すぐに一括で返せない場合はほんとに辛いです。

おまとめローンで返済がとても楽になりました

$マークの袋私はいろいろな所から借金をしていました。口数にして5件。自動車ローン50万円、カードローン2口で100万円それに楽器を買った時のローン2件50万円の合計200万円の借金がありました。返済金額自体は大したことはないのですが、口数が多くて返済を忘れるのです。毎日仕事で忙しくて、先ほどまで頭にあった返済のことが、電話が入った途端ころっと忘れて遅滞の通知が届いたり、電話がかかってきたりして焦ることがありました。

返済自体は毎月の収入が十分ありお金は回っていくので何ら心配はしていません。お金の管理を他の誰かに任せばいいのですが、個人の事と仕事の事のお金がごっちゃになってしまう心配があるので自分でやっています。何とかならないかなといつも考えていたのですが、昔新聞の広告で東京スター銀行のおまとめローンを見たことを思い出しネットで調べてみました。

200万円を1本にまとめれば返済は1回で済みます。それに金利も安くなるようです。それにスターワンバンクローンというローンは預金連動型の融資になっています。私の場合ですとおまとめローンの貸出金利が10%強ですが、200万円の預金を銀行に預ければローンの金利は0%になるのです。借入金残高200万円か預金残高200万円を差し引くと0円になります。預金残高が100万円であれば残りの100万円に貸出金利がかかるのです。

私はこの仕組みを知ってからすぐに東京スター銀行におまとめローンを申し込みました。返済は月一回になったのでとても楽です。毎月気持ちよく返済ができています。また預金をしているので毎月の支払利息は気にならなくなりました。

バンクイックを利用する事が出来て助かりました

高そうな車車が好きで自家用車も改造しています。給料だけではその趣味の域を越えてしまう時もあり、貯金もだんだん無くなっていきましたが、止めることが出来ませんでした。車自体のローンもありましたし、思いきってカードローンを利用してみようと思いました。

初めてカードローンを利用したのはCMでもよく目にした東京三菱UFJ銀行カードローン、バンクイックでした。最短即日という点も魅力的でしたし、UFJ銀行のATMの中に無人機で契約も出来る手軽さもあり、平日の休みに無人機で契約を進めていきました。あらかじめインターネットで登録をしておき、電話でオペレータの方に必要書類等を聞いてむかいました。契約の時もとても丁寧に応対してもらってとても気持ちよく進められました。

申込時には50万円を希望していましたが、実際の審査では30万円が融資可能ですと言われました。それでも借りられるだけありがたいと思って決めました。やはり少しまとまった金額があると安心感もありますし、利用して良かったと思いました。そして車のローン返済にも充てられますし何かあればの急な出費対策にも利用しました。

特に嬉しかったのが半年程たったときにバンクイックのコールセンターから電話があり、増額出来るという案内でした。なんでも半年間良好な取り引きがされているのを確認してもらい、増額出来るというものです。すぐに私は増額希望してその日に増額が出来ました。増額した額は20万円、総額50万円の借り入れになりました。

銀行法と貸金業法の総量規制について

カードを持つ手借り入れ希望額や申し込み人の職業などにより、銀行での借り入れか消費者金融での借り入れか、よく考えてから申し込みした方がいいです。とりあえずで申し込んで審査通過しなければ、何度も審査を短期間ですることになり、審査ブラックになります。ですので事前によくしらべてから選びます。

①銀行での借り入れについては、銀行法が適用されます。ですので、おまとめローンなど、多額の借り入れを希望されるかたは、銀行法が適用される借り入れがオススメです
②消費者金融での借り入れは、総量規制があり、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されます。無金利期間などをしている消費者金融もありますので、小口の借り入れで、返済がすぐできる場合などは、消費者金融での借り入れがオススメです。

審査は、銀行の場合は保証会社に委託している場合が多く、消費者金融は自社での審査をしていますので、審査時間は、消費者金融のほうが早いです。
申し込みから審査・融資までの時間は、やはり消費者金融のほうが早い場合が多いです。銀行での借り入れは、申し込みの銀行に口座があれば、即日融資できる場合もありますが、審査時間などからみても、やはり消費者金融が早いです。

銀行での借り入れのほうが、やはり消費者金融より低い利息のところが多いので、多額の借り入れや期間の長い返済を考えているかたには、銀行での借り入れがオススメです

借金をする前によく考えてから借り入れを起こしましょう

ボンネットの開いた車私は20歳でまだ就職もせずアルバイトで一人暮らしをしていました。親との関係も悪く、お金の援助も得られずアルバイトを2件掛け持ちして生計を立てていました。

車社会なので車のローンの支払いや家賃、生活費諸々で日々生活をしていくのがやっとの状態だったのです。そんな中、通勤中に事故を起こしてしまい車を修理しなければなりませんでした。修理費は50万円弱程かかるとディーラーに言われました。日々生活するのがやっとで貯金も無い状態で50万の修理費を払うのは不可能に近いです。

しかし、車が無ければ通勤も出来ないのでなんとかしなくてはと考えを示し巡らせていたところとある消費者金融のCMを見てお金を借りようと思い立ちました。アルバイトでも融資可能との事ですぐさま、インターネットから仮審査の申し込みを行いました。すると、直ぐに電話がかかって来て融資可能なので、お近くの無人申込所に行って本審査を申し込んで下さいとの連絡がありました。

私は直ぐに申し込みをしに所定の場所へ行き審査を受けました。すると50万円程の借り入れがあっという間にできたのです。そして、そのお金を元手に無事、車の修理費用に充てることができました。お金ってこんなに簡単に借りられるんだとその時は簡単に考えていたですが、その後の人生がどれだけ狂うかこの時は思いもしていませんでした。

私は日々の生活を送っていくのにやっとの状態でした。それでいて、車を修理する為に借りたお金を返済していかなければなりません。しかし、そのお金を捻出する事は難しいため滞納してしまう月もチラホラでてきました。そうなると督促の電話が毎日かかって来ます。

それが苦痛に感じ始めた私は、今度はその借金を返す為に別の消費者金融からまた同額のお金を借りてしまったのです。それが続きに続いて気づくと雪だるま式に借金は増えていって最後には滞納が長引いて職場にも督促の電話が来るようになりました。滞納をしたことで私の信用もなくなり消費者金融からも遂にお金を借り入れることが出来なくなってしまいました。

困り果てた私は先輩に相談をして弁護士さんを紹介して頂きました。最終的には全ての借金を一つにまとめて10年かけて完済していくという方法を取ることになりました。借金は、返せる見込みが無い人がしてはいけない物だと強く思います。

また借金を借金で埋め合わせていくことがどれだけ愚かな事か痛感しました。お金を借りる事は簡単ですが返済していく事は大変な事なので借りる時はよく考えてから借りのは本当に大事なことです。