信用金庫から借入を受け、まとめて返済。

カードと数字過去に数社あったカードローン(年利平均14%ほど)を、 信用金庫の担当さまに相談に乗ってもらい、フリーローンという形で、 150万ほどの融資を受けました。 当然ながら、カードローンの利息よりも大幅に低く(年利3.9%固定) 月々の返済額も2万円から3万円近く減りました。 返済期間も2年ないし3年近く短縮できました。

カードローンの融資枠は30万から100万ほどあり、急なお金が必要なときには、 非常に重宝しますが、何社からも借り入れるというのは、やはり返済がきつくなってきます。 ですので、私の経験上、一社からの借り入れにとどめておき、借入金額も20万程度が妥当かと思います。 そして、お金に余裕ができた際には、リボルビング払いや月々固定の金額で支払っていたものを、 一括で返済することをおすすめします。

それでも、カードローンの借入金が多いから無理、複数の会社からカードローンをしているなどの方は、 迷わず、ダメ元で一度、銀行さんや信金などの金融機関に相談することを強くお勧めします。 メリットとしては、低金利で融資が受けられる。 月々返済金が確実に少なくなり、かつ期間も短縮できる。 それから、複数社のカードローンを借り入れている方は、利息を一社の金融機関にまとめられる。

デメリットとしては、若干小言を言われる場合がある。 借り換えローンなので、融資を受けてもあまりいい顔をされない場合がある。 (真面目に完済すれば、態度が一転し、さらに融資を進めてくる場合もあります) 正直に銀行なのどの公的金融機関に相談すれば、わりと親身になって相談に乗ってくれます。 必要書類が前年度の源泉徴収票の提出だけでいい場合もあります。 そして、連帯保証人に関しても、信用保証協会付きの融資商品もありますので、 連帯保証人がいなくて困る。という方も大丈夫な場合があります。 とにもかくにも、カードローンをまとめて返済したいので、融資をしてほしいと、 銀行などの公的金融機関に相談しても絶対に損はないと思います。 借金は早く返済したに越したことはないですしね。

どんどん膨らんだ借金を返したときの安堵感

家とお札私は生活費としてカードローンに手をつけました。はじめは給料のたびにその分を返済していたのですが、手軽にキャッシングできることで、ついつい給料よりもたくさんキャッシングすることになって行きました。お買い物するのも我慢することなくキャッシングがあるからお金はどうにかなるしと、いつも足りない分をカードローンでお金を引き出していました。

いつしか給料ではどうにもならず限度額までなってしまいました。その時も他のカードローンでどうにかなるかと安易な考えで返済も滞ってしまっていたのです。それから返済のお手紙、催促、裁判所からの手紙にびっくりして、月々の返済の話をしました。なかなか簡単には返せなくてとても貧乏な思いをしましたが先月、やっと返済がおわりました。

しかし、そんなことをしてしまった私。どこのローンも通らず、クルマや家を建てるためのローンが組めなくなってしまいました。今は頑張ってコツコツと現金を貯めているところです。それしか夢のマイホームを手に入れる方法がなくなってしまったのです。これから、どんなことでもして、あのときのバカな借金で人生が狂わないように、いつか夢のマイホームを建てるために、やり直しているところです。同い年の人はどんどん結婚して家を建てている中、自分がしたことでとても惨めな思いをしています。