借りる金額によって変わる会社選び

財布からお札を出すカードローン会社を選ぶポイントは、消費者金融系か銀行系か見極めることだと思います。この消費者金融系と銀行系のカードローン会社によって大きく異なる点があるからです。それは総量規制法といって、借り入れが出来る金額が自身の年収の1/3の金額までという法律です。

この総量規制法は消費者金融系のカードローン会社において適用されます。なので消費者金融系のカードローン会社を選ぶ際は、借り入れの上限が年収の1/3までということを、頭に入れて申請や審査を受けなければなりません。反対に銀行系カードローン会社はこの総量規制法の対象外となっています。なので年収の1/3以上の借り入れも出来る可能性があります。

そう聞くと銀行系カードローンの方が良さそうに聞こえますが、実際に利用してみた感想では、カードローン会社のシステムやメリット・デメリットは全て違いますし、総量規制を越える借入額が不要な場合には気にしなくてもいいことです。生活費や教育費が要りようで数十万円ほど借り入れするという話はよくありますし、冠婚葬祭で急な出費の為、数万円を借り入れるということもあります。

それぞれのライフスタイルに合わせて借り入れが気軽に出来るというのがカードローンの良さでもあります。少額であれば、キャンペーンなどで消費者金融系の方が利息が少なくて特になる場合もあります。ただ数百万円単位で借り入れが必要な方にはその総量規制法を頭に入れておいてもいいかと思います。